会津交通・磐梯営業所が開所 福祉バスなど運用、町民利便性向上へ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
テープカットする(右から)五十嵐町長、吉田社長、鈴木議長

 タクシー、貸し切りバスを運営する会津交通(会津若松市、吉田正寿社長)は、磐梯町磐梯字山道306の2に磐梯営業所を新設した。現地で2日、オープニングセレモニーを行い、開設を祝った。

 同町には、タクシーやバスの営業所がなく、町民の利便性向上のために設けた。

 同町委託の生活福祉バス3台を含むバス4台と乗り合いのデマンドタクシー2台を含むタクシー5台を運用する。同社の営業所は会津地方に8カ所となる。営業所は県道猪苗代塩川線沿いで町交流館向かい。

 セレモニーには、同社と町の関係者約15人が出席。吉田社長が「長く町民に愛される事業を展開していきたい」とあいさつ。五十嵐源市町長が祝辞を述べた。吉田社長と五十嵐町長、鈴木久一町議会議長の3人でテープカットした。