路肩のごみ袋、一部燃える いわき・不審火続いた現場付近

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 3日午前0時50分ごろ、福島県いわき市内郷内町金坂の市道沿いの路肩にあったごみ袋から出火、ごみ袋3袋の一部が燃えた。現場近くでは5月に不審火が連続しており、いわき中央署は関連を含め原因を調べている。

 同署などによると、近所の男性が119番通報し、消火したという。けが人はいなかった。

 現場周辺では5月8、11、12、21の各日に竹やぶなどが燃える不審火があり、内郷消防署によると、5カ所は直線で約150メートル以内という。現場は住宅が並んでおり、同署が周辺の警戒を強めるなどしている。