子どもと過ごすカフェ、福島に開店 「母親が一息つける場に」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「交流の場になればうれしい」と語る大友さん

 福島県福島市五月町に「大人とこどものカフェflower」がオープンした。店主の大友静香さん(35)=福島市=自身、2歳の男の子を育てる母親。「常に子どもと向き合い気を張り詰めているお母さんが、ホッと一息つける場所をつくりたい」。自らの経験からそう決意し、半年かけて5月に夢を実現させた。

 店内にはベビーフェンスで仕切られた座敷スペースがあり、低月齢の子どもから大人までくつろげる。おもちゃや絵本、クーファンのほか、おむつ替え台と授乳スペースも完備しており、子連れでも安心して出掛けることができる。

 ランチの一番人気はスパイスのブレンドから手作りのバターチキンカレー(サラダ、ドリンク付き)。子どもには離乳食のほか、「ミニおにぎりプレート」などもある。妊娠中や授乳中の母親のために、カフェインレスのコーヒーも用意した。

 今後は「子ども食堂」の運営なども検討しているという大友さん。「子育てを軸としたさまざまな交流の場になればうれしい。ここから地域に新たなコミュニティーを創造していきたい」

 営業時間は午前10時(ランチは同11時30分)~午後4時。日曜日定休。