耶麻農高の校庭に『クマ!』 体育の授業中...生徒ら校内に避難

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 4日午後1時5分ごろ、喜多方市山都町の耶麻農高の校庭でクマが出たと、同校教員から市役所を通して喜多方署に通報があった。けが人はなかった。

 同署によると、クマは同0時45分ごろ目撃された。体長は約1メートルで、校庭を歩いた後、逃げていったという。同校によると、クマが目撃された際、1年生が校庭で体育の授業を校庭で受けていた。学校近くを通った男性がクマの存在を教員に知らせ、教員が生徒を校内に避難させた。

 同校はその後、外の活動や部活動などを中止したほか、学校の最寄り駅のJR山都駅まで教員らが生徒に付き添った。5日も同駅から同校まで教員らが生徒に付き添う予定。

 また、福島市飯坂町の国道13号、二本松市鉄扇町の市道、喜多方市高郷町の県道でも同日、1件ずつクマの目撃情報があった。