幸楽苑全店舗に「業務管理アプリ」導入 働き方改革で

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 幸楽苑ホールディングス(HD、福島県郡山市)は4日、スマートフォンを使って業務管理できる働き方改革アプリ「cyzen(サイゼン)」を幸楽苑全508店舗に導入すると発表した。

 幸楽苑では従来、複数の店舗を管理するエリアマネジャーが、店舗陳列やキャンペーン、商品の受発注、アルバイトスタッフの教育、エリア調査などサービス向上のための業務について確認し、本社に報告するという手法で店舗管理を行っていた。

 アプリ導入により、各店舗の店長がこうした業務についてスマートフォンで報告し、エリアマネジャーや本社が即時に状況を確認できる体制を構築する。店長が店内の写真をスマートフォンで撮影し、即時に送信できるようになるなど、店舗側の業務簡素化にもつながる。既に数店舗で導入しており、今後も随時導入を進める。

 同HDの新井田昇社長、同アプリを提供するレッドフォックスの別所宏恭社長が都内で記者会見した。