詐欺疑いで市職員の57歳女逮捕 知人から480万円をだまし取る

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 知人から現金計480万円をだまし取ったとして、会津若松署は4日午前8時20分ごろ、詐欺の疑いで住居不詳、会津若松市職員の保育士、容疑者女(57)を逮捕した。

 逮捕容疑は、昨年3月22日、息子の大学にかかるお金が必要だとうそをつき、知人である同市の50代女性と60代男性から計480万円をだまし取った疑い。

 同署によると、容疑者は「借りたのは間違いない。返すつもりだった」と供述しているという。2人は返金されないことを不審に思い、今年4月に同署に相談、5月に被害届を提出した。

 同署は容疑者が他の人からも金をだまし取っていた可能性があるとみて調べている。