東北道・郡山JCTで除染土運搬車や高速バスなど3台絡む事故

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 10日午後1時40分ごろ、郡山市の東北道郡山ジャンクション(JCT)で、除染で出た土壌を運搬していた大型ダンプや高速バスなど計3台が絡む事故があった。県警高速隊によると、乗用車を運転していた郡山市の会社員少年(18)が軽傷。大型ダンプは土壌を積んでいたが、荷台からの落下、飛散などはなかった。

 同隊によると、乗用車が郡山JCT内の道路の中央分離帯を乗り越えて横転、対向車線を走っていた郡山市の会社員男性(44)の大型ダンプと福島市の会社員男性(47)の高速バスに衝突した。両運転手や高速バスの乗客9人にけがはなかった。

 この事故のため、東北道本宮インターチェンジ(IC)―郡山JCT間上り線が約2時間55分間通行止めとなった。