フラの聖地で声優らトークショー いわき舞台アニメ『舞台裏』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
フライングベイビーズの話題などを話した(左から)浅尾社長、佳村さん、春咲さん

 福島ガイナが制作したいわき湯本温泉とフラガールを題材にしたテレビアニメ「フライングベイビーズ」(福島中央テレビで木曜日深夜に放送)のトークショーとミニライブが9日、いわき市平のラトブで開かれ、出演声優らが作品の舞台裏を明かした。

 福島ガイナの浅尾芳宣社長と主人公すずの声を担当する声優の佳村はるかさん、アイドルグループ「A応P」メンバーで、すずのライバルなつの声を担当する春咲暖さんの3人が参加し、作品に登場する場所を巡る楽しみなどを紹介した。

 トークショー前に湯本温泉の街を歩いた佳村さんは、アニメにも登場する二つの足湯について「とても気持ちよかった」と振り返り、「福島に来るたびに温かさとおいしさを感じる。またイベントができたらいい」と話した。

 春咲さんは「フラの聖地で話すことができてうれしい」と感想を述べた。春咲さんはほかのA応Pメンバーとミニライブを行った。