映画「薄暮」に感動 舞台の学校で鑑賞会、桜田ひよりさん登壇

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
舞台となった昌平中高の生徒と記念撮影をする山本さんら

 アニメ映画監督の山本寛さんが手掛けた新作「薄暮」の全国上映に先立ち、舞台となったいわき市の東日本国際大付属昌平中高で6日、特別鑑賞会が開かれた。

 映画の物語では、震災により心に傷を負った同市の女子高校生が、震災に伴う原発事故により実家が帰還困難区域となり、同市に避難してきた男子高校生との恋愛模様を描いている。

 同校の中、高校生約500人が鑑賞した。高校3年の女子生徒は「自分の住む地域のなじみ深い風景が描かれていて感動した。多くの人に見てほしい」と話した。

 鑑賞会後の舞台あいさつでは、山本さんとヒロインの声優を務めた女優桜田ひよりさんらが登壇した。山本さんは「作品を見て『福島は美しいな』と思ってもらえたらいい」と作品への思いを語った。