地元食材、多彩な料理 「分とく山」野﨑洋光さん迎え食事会

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
地元食材を使った料理を提供した野﨑さん(右)

 日本料理「分とく山」総料理長野﨑洋光さん(古殿町出身)を迎えた「おいしさ満開ふくのしま 地産地消食事会」は9日、平田村の三進金属工業福島工場内にある三進煙石コミュニティセンター緑正館で開かれた。

 同社と緑生館の主催。郷土料理と野﨑さんの共演で「福島の食を応援しよう」と毎年開いている。約100人が参加した。

 会場には、福島牛のローストビーフや川俣シャモの親子たれ掛け、平田シルクの焼き芋ジェラートなど地元食材を使った多彩な料理が登場。郡山産コイや古殿町の野菜を使用した料理、豊国酒造(古殿町)、若清水酒造(平田村)の日本酒、サンシン夢ファームのブドウを使った平田ワインなども並んだ。

 参加者がビュッフェ形式で好みの料理を選び、じっくりと味わった。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補