生徒が先生...子どもの夢のお手伝い!22日から「おしごと広場」

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
「自動車の整備をぜひ体験して」と参加を呼び掛ける千代さん(左)と坂本さん

 きたかた商工会青年部は22、23の両日、喜多方市塩川町の県テクノアカデミー会津で「きたかた おしごと広場」を開く。地元企業などが出展し、子どもたちが車の整備や大工など20の職業を体験できるイベント。同校の生徒も"先生"となって、子どもたちの将来の夢につなげる手伝いをする。

 同校各科の生徒が車のタイヤ交換などのエンジニア、電気工事士、ウエーターなどを体験できるようにする。同校自動車整備科2年の坂本竜麻さん(19)、千代明日香さん(19)は「車にいっぱい触れられます。車好きの子に来てほしい」と来場を呼び掛けている。

 今年は初めて、KDDIが子どもの職業体験人気施設「キッザニア」の監修を受けている「未来の仕事体験」ブースを出展するため、未来の花火師と農業の体験が可能だ。仕事を体験すると「お給料」(仮想通貨)がもらえ、駄菓子や文具と交換できる。

 両日午前9時~午後4時。体験者の入場料は小・中学生1000円、未就学児500円、付き添いは無料。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区