子ども食堂に食品を 「フードドライブ」展開、コープふくしま

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
コープふくしまが行った「フードドライブ」

 コープふくしま(福島市)は15日、二本松市のあだたら店で、店舗で購入した食品を店内に設けたボックスで寄付として受け入れる「フードドライブ」の取り組みを行った。

 子ども食堂を運営する団体への食品提供を目的とした県の本年度新規事業。県は補助事業者にみやぎ生活協同組合(仙台市)を選定。コープふくしまが来年3月末まで県北地方の店舗で順次、展開していく。

 あだたら店では菓子やカレー、ジュース、缶詰などを用意した。

 22日には方木田店(福島市)、7月2日にはいずみ店(同)でも行われる。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区