吾妻山の噴火警戒レベル...「2」から「1」へ引き下げ 気象庁

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 気象庁は17日、本県と山形県にまたがる吾妻山(一切経山)の噴火警戒レベルを2(火口周辺規制)から、1(活火山であることに留意)に引き下げた。

 福島地方気象台によると、吾妻山の警戒レベルは4月22日に2から1へ引き下げたが、火山性地震が5月5日ごろから増加し、同9日に2へ引き上げた。

 その後、火山性地震は徐々に減少し、同15日以降は火山性微動が観測されていない。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区