若者対象!7月27日「大同『想』会」 東京で初、福島県を再発見

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 本県出身の男女らが集う「30歳の大同"想"会in東京 夏の『ふくしま0次会』」が7月27日、都内で初めて開かれる。20代後半~30代が対象で、イベントを通じて本県の魅力を再発見してもらう。

 定住・二地域居住の推進などを目的とした県の事業。昨年12月30日に郡山市で初めて開かれた際には定員を増員する323人が出席した。本年度は首都圏の参加者を増やそうと都内でも企画。本県出身者のほか本県在住経験者や本県好きの若者が対象だ。

 当日はUターン者やIターン者によるトークショーを開催。全国新酒鑑評会で金賞を受賞した酒蔵の日本酒飲み比べコーナーを設けるほか、県産品が当たるクイズ大会や抽選会、フラガールによるフラダンスショーも行う。参加者同士の交流イベントも行う予定。

 会場は東京都千代田区のKKRホテル東京。開催時間は午後2時30分~同5時(受け付けは同1時30分)。参加費3500円で定員は先着100人。途中での入退場は自由。問い合わせは事務局へ。詳細は専用ホームページに掲載されている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補