県内でクマ目撃相次ぐ 浪江の帰還困難区域でも

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島、西会津、会津坂下、南会津、猪苗代、北塩原の6市町村で18日、クマの目撃が相次いだ。

 浪江町川房字大柿の帰還困難区域にある県道では、午前6時10分ごろ、体長60センチほどのクマのような動物を見たとの通報があり、双葉署がパトロールなどを行った。

▼午後0時40分ごろ、猪苗代町のJR磐越西線の上戸駅南西の山林にクマがいるのを、列車の車掌が目撃。体長約1メートル

▼午後2時10分ごろ、北塩原村のホテル敷地内で男性が目撃。体長約1.5メートル

▼午後4時30分ごろ、福島市の市道で男性が目撃。体長約1.5メートル

▼午後5時15分ごろ、会津坂下町の県道を横切るクマを通行人が目撃。体長約1メートル

▼午後5時30分ごろ、南会津町の山林で女性が目撃。体長約50センチ

▼午後6時10分ごろ、西会津町の田んぼで男性が目撃。体長約1メートル。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区