沿岸部の危険箇所を点検 事故防止へ、いわき建設事務所が確認

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
海岸沿いの危険な場所を確認する参加者ら

 県いわき建設事務所は20、21の両日、いわき市沿岸部で危険箇所の点検調査を行い、参加者が海岸の危険な場所を確認した。

 夏が本格化する前に、海岸や港湾、漁港施設での事故を未然に防ごうと実施している。市や県いわき地方振興局などから職員約30人が参加し、計14カ所を点検した。

 このうち、同市の四倉漁港周辺では、岩肌が露出している崖などを視察。海水浴や釣りに来る観光客の安全確保のため、土砂崩れの危険性などを点検した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補