用水路にはまったニホンジカ発見 郡山で捕獲、山中で解放

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 23日午前5時45分ごろ、福島県郡山市大槻町で、用水路にいるシカを通行人が目撃、郡山署に通報した。

 市職員や同署員、県鳥獣保護センター職員らが現場付近を捜索し同6時20分、同市大槻町字瀬戸の用水路にはまっていたニホンジカ1頭を発見。シカは動き回るなど抵抗したため、約7時間半後に麻酔銃を使用して捕獲した。けが人はいなかった。

 同署によると、シカの体長は約1メートル。シカは同日午後3時ごろ、同市逢瀬町の山中で解放された。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補