テレワークスペース開所へ 新たな働き方提案、矢吹の社団法人

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 働き方改革による就労や起業支援、人材育成に向け、情報通信技術を活用したテレワークを推進する一般社団法人まちづくり矢吹のテレワークスペースが開所する。

 28日に一般公開され、テレワーカーの登録募集を開始する予定。野崎吉郎矢吹町長が、町役場で開いた会見で説明した。

 将来の地域の担い手育成や民間企業への正社員雇用に向けた人材育成などを目指し、子育て世代や障害者、介護世帯などフルタイムで働くことが難しい町民らを中心に新たな働き方を提案、推進していく。

 同町の中町ポケットパークで28日にオープニングセレモニーを開く。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補