ICTオフィスに200人勤務 会津若松、入居企業12社

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 会津若松市が情報通信技術(ICT)関連企業の集積を目指し、官民連携で整備したICTオフィス「スマートシティAiCT(アイクト)」の入居企業が12社となり、勤務している従業員は計約200人になることが分かった。

 首都圏などからの流入は、約180人で、このうち7割程度が同市に転入した。

 見込みを含めた入居予定企業は、現時点で計20社(約410人)となっている。

 アイクトは今年4月に開所し、500人規模を目標に企業誘致を続けている。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補