練習船・福島丸「マグロ」水揚げ いわき海星高生ら漁獲21トン

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
水揚げされるマグロなどに見入る生徒たち

 いわき海星高の練習船「福島丸」が24日、米ハワイ沖でのマグロはえ縄漁などの実習を終え、いわき市の小名浜港に帰港した。生徒たちの漁獲したマグロなど約21トンが水揚げされた。

 4月25日に同港を出港した海洋科3年生31人と専攻科1、2年生13人がハワイ沖500~600キロの海域で漁を24回行い、ハワイ・ホノルル港への寄港などを経て帰ってきた。

 海洋科3年の斎藤龍成さん(18)は「魚が続々と揚がる光景に興奮した。陸とは違って苦労も多かった」と振り返った。

 水揚げされたマグロは水産加工会社が購入し、市内のスーパーなどで販売される予定。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補