修法壇や堰...「古密教」遺構 坂下・高寺山遺跡、徳一と関連か

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
敷き詰められた河原石などが見つかった堰とみられる遺構

 9世紀前半の山寺(山岳寺院)跡とみられる遺構が昨年確認された会津坂下町の高寺山(たかでらやま)遺跡で、古密教の祈祷(きとう)で利用する「修法壇(しゅほうだん)」や、湧き水をためる堰(せき)とみられる遺構が新たに見つかったことが25日、町教委への取材で分かった。宗教考古学専門の時枝務立正大教授(61)は、いずれも国内で数例しかない貴重な遺構と評価し「(会津に仏教文化を興隆させた)徳一(とくいつ)とも深く関わりがあると考えられる」としている。

 町教委などによると、遺跡南東の高台で土を削り取った跡や石組み、物を燃やしたとみられる炭などが出土。高台北側では谷に沿って河原石が敷き詰められていた。出土品や遺構の状況から、修法壇と堰の跡とみられ、堰でためた水は、古密教の祭礼で利用された可能性があるという。

 遺構は、出土した土器などの炭素の年代測定からいずれも9世紀ごろのものとみられる。同遺跡ではほかにも、古密教に関連する八角形の建物跡とみられる遺構も見つかっている。時枝教授は遺構の年代が徳一による慧日寺(えにちじ)(磐梯町)の創建年(807年)と近いことなどから、遺構と徳一に関連性があるとみている。

 時枝教授によると、修法壇の遺構は奈良県の大峰山寺などで見つかっているが、国内で数例しか確認されていない。堰の遺構は静岡県の大知波峠廃寺跡に続き国内で2例目だという。

 高寺山には、日本への仏教公伝(6世紀)と同時期に仏教が伝わった「高寺伝説」が残り、興隆と焼失を経て、平安時代に繁栄したとされてきた。しかし遺構が確認されておらず、歴史関係者から長年注目されてきた謎だった。

 町教委は昨年から、約2ヘクタールある遺跡の発掘調査を行っている。今年は、昨年発掘しなかった南部を中心に調査。昨年は遺跡北部の整地された平場から、柱穴、土器、仏具の鉢の破片や建物の礎石(根石(ねいし))などが見つかり、東北最古級の遺跡の可能性も指摘されている。

 30日に現地説明会

 町教委は30日午前9時から現地説明会を開く。受け付けは会津西部斎苑の駐車場。雨天時は町埋蔵文化財センターで説明会を開催する。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区