快速列車にはねられ女性重体 磐越西線の踏切、乗客にけがなし

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 25日午後7時55分ごろ、郡山市のJR磐越西線の踏切で、女性が下り快速列車にはねられた。郡山北署によると、女性は意識不明の重体。乗客ら約140人にけがはなかった。

 JR東日本によると、列車の乗務員は「(女性が)遮断機を越えて踏切に入ってきた」と話している。同署は、事件性は低いとみて調べている。事故の影響で郡山―会津若松間の上下線4本が最大1時間18分遅れた。約280人に影響した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区