「冷し味噌野菜たんめん」販売開始!幸楽苑とローソンがコラボ

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
期間限定で販売される「冷し味噌野菜たんめん」

 ローソンは25日、本県と宮城、山形3県の526店舗で、幸楽苑ホールディングス(HD、郡山市)監修による「冷し味噌(みそ)野菜たんめん」の販売を始めた。7月22日まで、期間限定で販売する。

 両社によるコラボレーション商品第3弾。人気の「味噌野菜たんめん」を冷たい麺で再現。さっぱりしつつ、味噌のコクや野菜の甘みを感じられるようスープを工夫した。シャキシャキとした5種類の野菜(モヤシ、タマネギ、キャベツ、ニンジン、ニラ)を盛り付け、食べ応えある商品に仕上げた。厚生労働省が推奨する1日野菜目標摂取量(350グラム以上)の半分の量の野菜を摂取できるのも特長という。価格は530円(税込み)。

 同HDの新井田昇社長とローソンの大川智行福島支店長、八木沢拓也東北商品部長は25日、郡山市で記者会見した。新井田社長は「温かい味噌野菜たんめんのニュアンスを感じていただけると自信を持っている。暑い時期に、家庭で冷たい麺もご賞味いただければ」と話した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補