社会復帰へサポート拠点 棚倉に開所、保護司が週3日駐在

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
看板を設置した野村会長(左)と渡辺所長

 石川東白川地区保護司会(野村一峰会長)は25日までに、棚倉町の旧ラビット図書館に石川東白川更正保護サポートセンターを開所した。

 保護司が週3日常駐し、保護司の活動の支援や犯罪防止活動の拠点として活用する。

 センターでは、保護司らが刑務所などから出所した人の面接や事務作業などに当たる。毎週月、水、金曜日の午前9時30分~午後3時30分に保護司が駐在する。

 開所式は同日、同センターで行われ、関係者約30人が出席。野村会長と渡辺一仁福島保護観察所長が看板を設置した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 参院選ニュース一覧 】 福島選挙区に「3人」立候補