「夏の福島競馬」29日開幕 福島競馬場、安全願い『馬場浄め』

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
玉串をささげる後藤場長(中央)

 日本中央競馬会(JRA)福島競馬場は26日、福島市の同競馬場で馬場浄(きよ)めを行い、職員や関係者が29日から開催される第2回福島競馬(夏の福島競馬)の安全を願った。

 約30人が参加。神事を執り行い、福島競馬場の後藤浩之場長、福島馬主協会の伊東純一会長理事、JRAファシリティーズ福島事業所の佐藤昇栄所長が玉串をささげた。

 夏の福島競馬は7月21日までの毎週土、日曜日、計8日間で開催。期間中は、30日にラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)、7月7日に七夕賞(同、芝2000メートル)などが行われる。

 福島競馬場開設100周年だった前回の来場者数は、10万2882人。同競馬場によると、今年も同程度の来場数を見込んでいる。芝の生育は順調で、全体的に良好という。後藤場長は「1年で最も盛り上がる開催。さまざまなイベントを用意してお待ちしてます」とコメントした。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区