福島県初!会津若松『スパルタン』 世界最高峰の障害物レース

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
歯を食いしばり、障害物に挑む選手

 世界最高峰の障害物レース「スパルタンレース」が6日、会津若松市で初めて開催された。海外を含め2000人を超えるアスリートが参加し、鶴ケ城三の丸多目的広場(旧会津陸上競技場)などに設けられた20の障害に挑み、体力と精神のタフさを競った。

 米国生まれのスパルタンレースが日本に上陸したのは2017(平成29)年5月で、今回は国内開催7度目。本県開催は初めて。ゼビオグループのクロススポーツマーケティングなどの主催。今回はアジア5カ国で開催しているイーストアジアシリーズの一つで、プロも出場した。エリート、年齢カテゴリーを設けたエイジング、チームイベント、キッズなどのレースが行われ、参加者はコース内に設置された、うんてい、壁、つり革などの障害物を乗り越え、速さを競った。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

【 選挙速報 】第25回参議院議員選挙・福島選挙区