【 10位 】生業訴訟判決で 国、東電の責任認定

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
生業訴訟で福島地裁は国と東電の過失を認め、約5億円の賠償を命じた

 東京電力福島第1原発事故当時、本県などに住んでいた3824人が、国と東電に慰謝料などを求めた集団訴訟(生業(なりわい)訴訟)で、福島地裁は事故について国と東電の過失を認め、約2900人に約5億円の賠償を命じた。原告、国、東電がいずれも控訴。(17年10月10日)