室屋義秀選手・年間総合1位 読者が選ぶ県内十大ニュース

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 読者が選ぶ福島民友新聞社の「2017県内十大ニュース」が決まった。1位は、10月にアジア人として初めてレース専用飛行機の国際レース「レッドブル・エアレース・チャンピオンシップ」で年間総合優勝に輝いた室屋義秀選手(福島市)の快挙だった。

 室屋選手はレッドブル・エアレース・チャンピオンシップ参戦から6季目で念願の年間総合王者を獲得した。今月には県から県民栄誉賞も受賞。来季は連覇を目指しており、さらなる活躍に期待がかかる。

 スポーツは室屋選手以外のニュースも関心を集め、高校野球・聖光学院の11年連続甲子園出場や、バドミントン・桃田賢斗選手の復帰、サッカー・いわきFCのJ1札幌撃破なども票を集めた。

 10位以内に三つが入った東京電力福島第1原発事故関連のニュースは、このほかにも国道114号の自由通行再開、東電強制起訴の裁判開始、デブリの撮影成功、Jヴィレッジ復興などが20位以内に入った。原発事故への不安が依然として残る中、進み始めた復興の足音一つ一つが県民の希望につながっているようだ。

 【県内十大ニュース11~20位】
 (11)聖光学院11年連続甲子園
 (12)国道114号 自由通行再開
 (13)東電強制起訴裁判始まる
 (14)デブリ撮影に初めて成功
 (15)県内で台風21号の被害
 (16)常磐線2区間で再開
 (17)バド桃田賢斗選手復帰
 (18)Jヴィレッジ復興へ
 (19)只見線、鉄道で復旧へ
 (20)「リバティ会津」運行開始
 (20)浪江の帰還困難区域で山火事