【 5位 】中間貯蔵施設が本格稼働土壌保管が始まる

  このエントリーをはてなブックマークに追加 
10月28日に本格稼働した中間貯蔵施設

 環境省が、原発事故に伴う県内の除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設を、大熊町で本格稼働させた。県内各地に仮置きされたままの状態が続く汚染土壌などの解消に向けて一歩前進した一方、さらなる整備が求められている。(17年10月28日)