『野党共闘』必要で一致 夏の参院選、県内出馬予定者ら

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県内の研究者ら有志でつくる「安全保障関連法の廃止を求めるふくしま県市民連合」は21日、二本松市で公開討論会を開いた。夏の参院選に出馬を予定する増子輝彦参院議員(民主、福島選挙区)、熊谷智共産党県委員会常任委員、小川右善社民党県連代表が討論、参院選に向け野党共闘が必要との認識で一致した。

 参院選に向け、増子氏は「党は党として今後結論を出すが、個人的には非自民の結集が必要と考える。政党だけではなく市民が中心となり戦うのがベストだ」と強調。熊谷氏は「それぞれが十二分に力を出せる形にすべきだ。党の方針に従い、決断すべきときは決断する」と述べ、出馬見送りの可能性を示唆した。

 小川氏は、社民党県連が独自候補擁立を断念したことに触れ、「何としても野党の統一候補を立てて参院選を戦いたい」と語った。