参院選の勝利へ結束 民進党・福島県連が選対本部設置

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
看板を掲げる瓜生氏(右から3人目)ら

 民進党県連は28日、福島市大町の県連事務所に参院選の総合選対本部を設置した。本部長には玄葉光一郎代表が就いた。

 選対本部の設置を決めた常任幹事会では、立候補を表明している現職の増子輝彦氏の当選に向け、瓜生信一郎副代表が「自らの力で戦い抜くのがわれわれに与えられた使命」とあいさつ。瓜生氏らが事務所入り口に選対本部の看板を掲げた。

 共産党との選挙協力について、亀岡義尚幹事長は取材に対し「協力の在り方について情報を見定め、県民世論や市民団体の考えを聞いて進めたい」と述べた。