民進党・福島県連が『首相批判』 福島で「街頭演説会」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
演説する金子代表代行(左から2人目)ら

 国会閉幕を受け、民進党県連は2日、福島市で街頭演説会を行った。

 代表代行の金子恵美衆院議員(比例東北)や県連幹事長の亀岡義尚県議らが演説した。金子氏は「安倍首相は前回、消費税の増税時期を1年半延期して衆院を解散し、今回は2年半延期して参院選を戦う。社会保障の議論がなく、ただ増税しないというだけでは、まさに選挙目当ての延期だ」と批判した。