参院選で民間施設などに「期日前投票所」 投票しやすい環境づくり

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 22日公示、7月10日投開票で行われる参院選で、県内では、民間施設などに期日前投票所を設ける動きが出ている。

 須賀川市選挙管理委員会は、同市のJR須賀川駅2階の市コミュニティプラザに期日前投票所を設ける。担当者は「投票しやすい環境づくりのために設置する。主に鉄道利用者に足を運んでもらえれば」と話す。

 会津若松市選管は、市郊外のショッピングセンター「アピタ会津若松店」に期日前投票所を新設する。

 設置理由について、市選管は「家族連れや若者が多く集まるため」とし、設置期間も選挙戦終盤の週末に合わせた。