政党支持は自民が最多37%、民進18% 参院選・本社世論調査

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 福島民友新聞社が読売新聞社と共同で22、23の両日に実施した参院選の世論調査によると、県内の政党支持率は自民党が37%でトップとなり、今年3月に結党した民進党の18%の約2倍となった。2014(平成26)年12月の衆院選で行った本社世論調査と比べると、自民は2ポイントの上昇、民進は当時の民主党の17%を1ポイント上回った。

 共産党は6%、公明党が4%で、おおさか維新2%、社民党、生活の党が各1%。支持政党なしは21%だった。

 男女別では、男性は自民が最多の39%で、民進22%、共産8%、公明3%、社民、生活、おおさか維新、新党改革が各1%。女性は自民の36%が最も多く、民進は15%にとどまる。公明は5%で、共産4%、おおさか維新2%。社民、生活が各1%で続いた。支持政党なしの男女別は男性19%、女性22%となった。

 内閣支持率は41% 不支持率40%と拮抗

 参院選の世論調査では、安倍内閣の県内支持率は41%、不支持率は40%で拮抗(きっこう)している。14年12月の衆院選で行った調査に比べ、支持は6ポイント上昇、不支持は5ポイント下落した。

 しかし最近の各種全国世論調査では安倍内閣の支持率は50%前後で推移し、不支持率を大きく上回っており、復興施策や原発事故に直面する本県特有の傾向がうかがえる。

 世代別では、18~29歳の若者層の支持は2割弱にとどまり、不支持は4割強に上った。50代も不支持が5割を超え、30~40代も不支持が支持を上回った。

 しかし60代は支持43%、不支持40%、70歳以上は支持46%、不支持36%となり、世代間で傾向が異なった。

 男女別では、男性が支持40%、不支持43%だったが、女性は支持が41%で、不支持の38%をやや上回った。

 比例投票先、自民4割 民進は支持層の9割固める

 県内の有権者が比例代表の投票先として考えている政党は、自民党が4割弱、民進党が2割強で、自民がリードしている。共産、公明両党は1割弱。14年12月の本社世論調査も自民と、野党第1党だった民主(当時)の割合は同程度で、自民党が政権与党として比例第1党をうかがう勢いだ。

 自民は、自民支持層の8割強を固め、無党派層の2割強に浸透。職業別では商工自営業の約5割、農林水産業は4割近くの支持を集めている。年代別では、約6割を占める30代を中心に各世代で支持を広げる。

 民進は、民進支持層の9割近くを固め、無党派層の2割の支持を得ている。職業別では、農林水産業の約3割、サラリーマンと専業主婦は2割を超えたが、商工自営業は1割強にとどまっている。

 公明、共産は各支持層の9割強を固めている。