「有権者部員」に配慮を! 福島県高野連が各校長宛に文書

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 参院選の投開票日の7月10日に全国高校野球選手権大会福島大会3日目の試合が予定されていることから、県高野連(喜多見薫会長)は28日までに、18歳以上への選挙権年齢引き下げに伴い、選挙権のある部員が投票に参加できるよう配慮を求める文書を各校長宛てに配布した。

 同連盟事務局によると文書は、21日に行われた組み合わせ抽選会で担当者に配布。投票日の10日は、大会の運営の補助に、選挙権のある部員は充てないようにして投票に行く時間をつくることや、試合に出場するため当日の投票が難しい部員には期日前投票を促すことなどを求めている。