現職・高松氏が総決起大会で市政継続訴える 本宮市長選

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
現職・高松氏が総決起大会で市政継続訴える 本宮市長選

市政継続を訴える高松氏

 18日告示、25日投開票で行われる本宮市長選に立候補を表明している現職の高松義行氏(60)の総決起大会は12日、同市で開かれた。

 高松氏は「震災、原発事故からの復興を進める。除染のスピードアップを図る」と決意を述べた。また本年度からスタートした定住促進事業に触れ「人が集えば活気が生まれ、経済も活性化する。この流れを止めるわけにはいかない。震災前以上に本宮を元気にしていく」と市政継続を訴えた。

 小沼貞彦後援会副会長があいさつ。根本匠衆院議員、立谷秀清相馬市長、新野洋二本松市長らが激励した。