矢島氏が無投票当選 県議補選本宮市・安達郡選挙区

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 県議補選本宮市・安達郡選挙区(欠員1)は15日、告示され、無所属新人で前本宮市議の矢島義謙氏(66)が立候補を届け出た。ほかに立候補がなく、矢島氏が無投票で初当選した。任期は、選挙会で当選が確定する27日から、前職の残任期間となる11月19日まで。

 矢島氏は「未来に感謝される政治」をスローガンに掲げ、安達地方南部の除染推進や風評被害の払拭(ふっしょく)など本県復興に全力を挙げる考えを示している。

 当選証書付与式は27日午後3時から、本宮市役所で行われる。

 県議補選は、「18日告示--25日投票」で行われる本宮市長選に出馬するため、同選挙区選出の議員が辞職したことから行われた。