総決起大会で新人・作田候補が決意 本宮市長選・立候補

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
総決起大会で新人・作田候補が決意 本宮市長選・立候補

支持を呼び掛けた作田候補

 本宮市長選に立候補した無所属新人の作田博候補(68)は18日、同市で総決起大会に位置付けた個人演説会を開いた。

 作田候補は「市民が合併してよかったと思えて、市全体に光が当たる地域自治を確立する」と主張。「仕掛けなければ、まちは豊かにならない。五百川駅周辺に道の駅を整備し、農作物のブランド化や、農業の6次産業化を図る」と農業振興策を示した。市長の退職金制度廃止も訴えた。

 真島博美選対本部長があいさつ。佐藤一好福島市議会議長、国分勝広本宮市議が激励した。