統一地方選"必勝"を誓う 福島で社民県連が「旗開き」

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 社民党県連は24日、福島市で新春旗開きを行い、党関係者らが統一地方選での必勝と護憲、脱原発の実現に向けて団結を誓った。

 小川右善代表はあいさつで「安倍政権は戦争ができる国づくりへと突き進んでいる。統一地方選と来年の参院選を全力で戦い、何としても阻止しなければならない」と訴えた。

 吉田忠智党首、民主党の玄葉光一郎、金子恵美両衆院議員、今泉裕連合福島会長、角田政志県平和フォーラム代表が祝辞を述べた。

 統一地方選の立候補予定者が決意を表明した。鏡開きに続き、参加者が「頑張ろう」を三唱して党勢拡大への決意を新たにした。