民主県連・代表代行に金子氏 副代表には岡部氏選ぶ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 民主党県連は14日、郡山市で常任幹事会を開き、昨年12月の衆院選に伴う役員選出で、代表代行に金子恵美衆院議員(比例東北)、副代表に福島2区総支部長の岡部光規氏を選んだ。

 衆院選で議席を失った福島5区総支部長の吉田泉前代表と、知事選の対応をめぐり任期途中で代表を辞任した増子輝彦参院議員(福島選挙区)は共に特別顧問に就いた。また顧問の和田洋子元参院議員は、中央選挙管理会の委員に就任したことを受け、退任した。