現職の小桧山氏が県議選立候補へ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月19日の任期満了に伴う県議選で、喜多方市・耶麻郡選挙区(定数3)選出の現職小桧山善継氏(67)=自民、6期=は、7選を目指して立候補する意思を固めたことが23日、分かった。

 小桧山氏は福島民友新聞社の取材に対し、「まだ道半ばである福島の復旧、復興に責任を持って取り組むために、再度働かせていただきたい」と述べた。

 小桧山氏は猪苗代町出身。東京農大農学部卒。1991(平成3)年の県議選で初当選し、県議会副議長などを歴任した。