現職の満山氏が県議選立候補へ 西白河郡選挙区

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月19日の任期満了に伴う県議選で、白河市・西白河郡選挙区(定数3)選出の現職満山喜一氏(63)=自民、3期=が4選を目指して立候補する意思を固めたことが9日、分かった。

 満山氏は福島民友新聞社の取材に対し「県議選に立候補し、県の復興を加速させたい。避難者が一日も早く地域に帰れるよう、引き続き全力で取り組みたい」と述べた。

 満山氏は白河市出身。東京農大農学部卒。市議を3期務め、2003(平成15)年の県議選で初当選した。