現職の勅使河原氏が県議選出馬表明 郡山市選挙区

  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月19日の任期満了に伴う県議選で、郡山市選挙区(定数9)選出の現職勅使河原正之氏(62)=自民、2期=は9日までに、3選を目指し立候補することを表明した。

 郡山市で8日に開いた連合後援会の総会・早春のつどいで「人口減少に歯止めをかけ、福島県、郡山市の復興を加速させる」と述べ、出馬に意欲を見せた。

 勅使河原氏は郡山市出身。日大工学部卒。市議を3期務め2007(平成19)年の県議選で初当選した。

おすすめPickup!ニュースの『玉手箱』

渡部恒三氏「二大政党は応援」 恒三節健在!野党再編冷静分析