現職の遠藤氏が出馬表明 県議選、喜多方市・耶麻郡

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 11月19日の任期満了に伴う県議選で、喜多方市・耶麻郡選挙区(定数3)の現職で元県議会議長の遠藤忠一氏(67)=自民、5期=は26日、6選を目指して立候補することを表明した。自民党喜多方総支部は同日会議を開き、県連に公認申請する方針を決めた。

 会議の席上、遠藤氏は「震災から5年目、県民視点で復旧・復興、再生に取り組んでいきたい」と立候補の決意を述べた。遠藤氏は喜多方市出身。喜多方高卒。1995(平成7)年4月の県議選で初当選、県連幹事長などを歴任した。