檜枝岐は無投票当選 統一選、県内3町村議選が実戦

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 21日に告示された第18回統一地方選で、県内では南会津、鮫川、北塩原、檜枝岐の4町村議選のうち、檜枝岐村議選を除く3町村議選が選挙戦に入った。計43人の候補者が地域の課題解決に向けた施策などを有権者に示しながら、支持を訴えている。投開票は26日。

 南会津町議選は定数18に対し現職14人、元職2人、新人5人の計21人が立候補。今回から定数を2削減し10となった鮫川村議選は現職6人、新人5人の計11人が出馬した。北塩原村議選は定数10に対し、現職9人、新人1人、元職1人の計11人が立候補し、選挙戦に突入した。定数8の檜枝岐村議選は現職8人のみ立候補を届け出、無投票当選した。