古殿町長選は現職・岡部氏が4選 子育て支援に力注ぐ

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
古殿町長選は現職・岡部氏が4選 子育て支援に力注ぐ

無投票で4選を果たし、支持者と万歳する岡部氏(左)と妻啓子さん

 21日告示された古殿町長選で、無投票で4選を果たした岡部光徳氏(56)は、粘り強く課題解決に導いてきた実行力が評価され、再び町民の信託を得た。

 岡部氏は町長就任後、小学校の統合や認定こども園の開設、震災と原発事故対応など、着実に実績を積み上げてきた。また、子どもの医療費、保育料の無料化にいち早く取り組むなど、町の未来を見据えた子育て支援策に力を注いできた。

 3期目は、震災で損壊した町民第1体育館新築と、町公民館の改修が課題だった。町議会の賛成が得られず、関連予算を盛り込んだ議案は2度否決。3月議会でようやく可決された。この間、水面下で対立候補の擁立を探る動きがあったが、最終的にまとまりきらなかった。4期目は、施設建設の決断が評価を受ける4年間になる。町の核となる施設をどう形付けるか、再び手腕が試される。