1次候補に公認証 県議選、現職28人に自民

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 
1次候補に公認証 県議選、現職28人に自民

岩城会長から公認証を受ける杉山幹事長(左)

 次期県議選(定数58)に向け、自民党県連は27日、1次公認候補の現職28人に公認証を交付した。

 杉山純一幹事長は「過半数の議席を獲得するため全力で取り組む」と目標を強調、6月をめどに2次公認を党本部に申請したい意向を示した。

 交付式は福島市の県連会館で行われ、岩城光英会長(参院福島選挙区)が「統一地方選では一部を除いて勝利を収めることができたが、本県は昨年末の衆院選でも厳しい戦いとなり、全く事情が違う。仲間を増やすことが復興につながると思い、歯を食いしばって頑張ってほしい」と杉山幹事長ら一人一人に公認証を手渡した。