三島、檜枝岐などで当選証書付与式 新首長、議員が決意

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 統一地方選で行われた三島町長選、檜枝岐村長選で当選した新首長と、南会津、檜枝岐、北塩原の3町村の議員選の当選者に対する当選証書付与式は27日、各役場などで行われた。新首長と新議員はあらためて当選の喜びをかみしめながら、各町村の伸展に向け決意を新たにした。

 「じっくり公約実現」

 【三島】町長選で無投票初当選を果たした矢沢源成氏(63)に対し、長谷川四平町選管委員長が当選証書を手渡した。

 長谷川委員長は「既存の枠にとらわれない町政運営を期待している」とあいさつした。矢沢氏は「じっくりと見極めながら公約を実現したい」と決意を述べた。付与式は同町の町民センターで行われた。任期は5月17日から4年。

 村長と村議8人激励

 【檜枝岐】村長選で無投票3選を果たした現職の星光祥氏(64)と、村議選で無投票当選した現職の村議8人に対し、平野正広村選管委員長が当選証書を手渡した。平野委員長は「行政と立法が切磋琢磨(せっさたくま)し合い、村民が安心して暮らせる村をつくってほしい」と激励した。星氏と村議の任期は5月29日から4年。議会構成などを決める村議会は同29日に開く予定。

 「町発展に尽力願う」

 【南会津】26日に投票が行われた町議選で当選した新議員18人に対し、沢田洋一町選管委員長が当選証書を付与した。

 沢田委員長は「少子高齢化の進行や自己責任による財政運営など課題は山積している。町民の負託に応えるべく豊富な見識を十分に生かし、町の発展のために一層の尽力を願う」と求めた。新議員の任期は5月1日から4年。議会構成を決める臨時議会は5月12日に開く予定。

 「村民のため活動を」

 【北塩原】26日の村議選で当選した現職9人、新人1人の計10人が喜びを新たにした。

 佐藤元昭村選管委員長が「皆さんは村民の信頼と期待を受けて当選した。村政発展と村民生活向上のための議員活動をお願いしたい」と述べ、新村議に当選証書を手渡した。