「矢祭町長選」投票率88.77% 6投票区・90%超、関心高く

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 26日に投開票された矢祭町長選は、今回、県内で行われた統一地方選で最も高い投票率88.77%を記録した。町選管によると集計以来過去最高だった1971(昭和46)年の町長選に次ぐ投票率で、有権者の関心の高さが伺えた。

 町選管によると、当日の有権者数は5164人(男性2539人、女性2625人)。投票者数は4584人で、期日前投票者数は1047人だった。

 13投票区のうち、半数の6投票区で90%以上の投票率を記録した。

 最も投票率が高かったのは茗荷地区の第5投票区で92.19%、最も低い中石井地区などの第6投票区でも86.74%で、高い水準を示した。全国的に投票率低下が進む中、有権者の選挙戦に対する注目の高さを表した。