3町村長選で「当選証書付与」 矢祭、玉川、古殿

(数字はいいね)  このエントリーをはてなブックマークに追加 

 矢祭・古張氏「新たな気持ちで」 

 矢祭町長選で3選を果たした古張允氏(74)に対する当選証書付与式は27日、町役場で行われた。

 松本一郎町選管委員長が古張氏に証書を手渡し、「今後も健康に留意され、町政発展のため活躍を願う」と祝福した。

 古張氏は「新たな気持ちで4年間をスタートしたい。町の発展と町民の幸せのために全力で頑張る」と今後4年間の決意を述べた。古張氏の任期は30日から4年。

 玉川・石森氏「皆さんの声大事」 

 玉川村長選で3選を飾った石森春男氏(64)に対する当選証書付与式は27日、村役場で行われた。

 岡部勝良村選管委員長が石森氏に当選証書を手渡し「地域発展のため、存分に力を発揮していただきたい」とあいさつした。

 石森氏は「多くの支持者の思いが詰まった当選証書。皆さんの声を大事にしながら、3期目に向けて取り組みたい」と抱負を述べた。石森氏の任期は30日から4年。

 古殿・岡部氏「初心を忘れずに」 

 古殿町長選で無投票で4選を飾った岡部光徳氏(56)に対する当選証書付与式は27日、町役場で行われた。

 佐藤憲治町選管委員長が岡部氏に当選証書を手渡し「4期目も町民の福祉向上に努めていただきたい」とあいさつした。

 岡部氏は「無投票当選に重みを感じている。初心を忘れることなく、町民目線で町政運営に当たりたい」と抱負を語った。

 岡部氏の任期は5月1日から4年。